代表挨拶

はじめまして、馬主の会田裕一と申します。

ハイセイコー、オグリキャップ、コスモバルク・・・いつの時代も、地方から出てくる名馬にファンは魅了されるもの。

本ホームページにたどり着いて出資をご検討頂いている方の中には、「いつかそういう馬を持ってみたい」という夢を抱いて、地方馬主の資格を取られた方も多いのでしょうか。

かくいう私もそのクチで、一口馬主をステップに2014年に地方馬主の資格を取得しました。

その前年、決して良血とは言えない馬でダートグレードを2勝したハッピースプリントの活躍を見て「地方競馬には素晴らしい調教師がいて、中央と同じレベルの馬が入れば所属を問わず活躍出来る」と確信した私は、初めての所有馬をセレクトセールで購入しました。

最初に買った馬では結果を出せなかったのですが、2頭目に買った新馬が後のハッピーグリンでした。

本馬では地元の認定競走を勝ち上がり、2歳時より早々にJRAに挑戦。3歳時にはセントポーリア賞を制し、一躍クラシック候補と話題になりました。その後も「STV賞」「OROカップ」を勝利し、年末にはGIのジャパンカップで従来のレコードに迫る2″22″2のタイムで7着に入りNARグランプリ最優秀ターフ馬を受賞。

翌年は日経賞4着で獲得したレーティングで、香港のGI「チャンピオンズ&チャターC」に出走し、地方在籍のままでも良質の馬が入れば中央のGI・海外のGIに挑戦出来るという事を証明する事が出来ました。

本クラブでは、打倒中央を目指せる良質な馬を募集し、これまでの私の経験とノウハウを基に、いつか会員の皆様にハッピーグリンと同じような体験をして頂きたいと思っています。

皆様のご入会、お待ちしておりますので宜しくお願いいたします。

合同会社ハッピーレーシング代表 会田 裕一

NARグランプリ2018での様子

代表経歴

プロフィール

1982年生まれ、埼玉県出身。小学生の頃、東京競馬場の近くに親戚が住んでいた事と、「ダビスタ」の影響により競馬に興味を持つ。
一口馬主をステップに2014年NAR馬主資格取得。2018年JRA馬主資格取得。
その他、シンガポール・オーストラリアでも共有馬を所有している。

所属馬主協会

東京馬主協会、東京都馬主会、神奈川県馬主協会、埼玉県馬主会、岩手県馬主協会、兵庫県馬主協会、佐賀県馬主協会

主な所有馬(ブラックタイプ馬のみ掲載)

ハッピーグリン( [JRA]2勝、セントポーリア賞、STV賞、札幌日経OP[L] 2着、コスモス賞3着、すずらん賞3着、巴賞3着 [HKG]出走 [北海道・岩手・南関東]3勝、 OROカップ、栄冠賞2着、 サンライズC2着。H30年度地方競馬強化指定馬、H30年度NARグランプリ最優秀ターフ馬)
プリヴィレッジ([JRA]出走、[岩]1勝、ジュニアグランプリ2着、若鮎賞3着、H30年度地方競馬強化指定馬)
アムネシア([岩手・南関東]4勝、ハヤテスプリント2着) など

主な一口所有馬(重賞勝ちのみ掲載)

アーモンドアイ、リオンディーズ、クリプトグラム、クラージュゲリエ、ストロングタイタンなど

インタビュー記事など

ハッピーグリン(北海道)の馬主・会田裕一氏へインタビュー [地方競馬全国協会公式ページ]
http://www.keiba.go.jp/furlong/2019/close/190614.html

地方から世界へ、ハッピーグリン大舞台で「笑顔届けたい」[netkeiba.com]
https://news.sp.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=43513

ハッピーグリン、地方からの挑戦 [netkeiba.com]
https://news.sp.netkeiba.com/?pid=column_view&cid=41778&rf=related_info

【会田オーナーに聞く】JRA馬に負けない馬づくりできる[Sponichi Annex]
https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/03/14/kiji/20180313s00004048248000c.html

北海道リーディング・田中淳司厩舎デビュー予定馬募集中!!

北海道リーディング・田中淳司厩舎2020年度デビュー馬3頭の共有馬主を募集しています。【全馬入厩済】
「テーマソングの2018」
牝、父シニスターミニスター
「サトノバーキンの2018」
牡、父エスポワールシチー
「フォレスタレガーロの2018」
牡、父サウスヴィグラス