MENU

「ハッピーオーナーズクラブ」について

当クラブは、ハッピーグリンの馬主の会田裕一がマネジメントを行う、地方馬主有資格者向けのオーナーズクラブです。

全国のトップトレーナーと打倒中央を目指します!

当クラブは全馬、代表が打倒中央を目指せると認めた各地のトップトレーナーや、未来の地方競馬界を担う新進気鋭の調教師の元に入厩します。

ホッカイドウ競馬から全国へ

1歳募集馬については代表が「ダートグレードで打倒中央を目指せるレベルの馬」というテーマで選馬を行います。1歳秋以降にホッカイドウ競馬の厩舎に入厩・育成を行い、本州の暑い夏を避けて基本的に道営で早期デビューを目指します。そこで実力や適性を判断し、涼しくなる秋以降に他地区の競馬場へ振り分けます。
※早い時期に仕上がらなそうな場合、また能力的に道営では足りないと判断した場合は新馬戦の賞金レベルの高い南関や他地区でデビューさせる事も検討します。

共有者がハッピーになれる運営を目指します

大手の牧場系のクラブは、基本的に道営と南関東以外の競馬場には入厩しません。また休養先に自身の経営している牧場を使用するため、 厩舎にいるより牧場に放牧に出た方が高くなります。オープン馬でもC級の馬でも月30~40万円かかる外厩を使用していては、南関東の重賞を勝つレベルでないと赤字になってしまうことがほとんどです。

当クラブでは共有者に楽しんで頂く事を第一に考え、馬の実力に見合ったレベルの外厩を使用します。例えば怪我した馬の休養でしたら月10万円程度のところを使用するため、大井なら主催者と馬主会からの見舞金で大半を賄う事が出来ます。また、南関東では家賃が高いが、他地区なら自活出来ると判断した場合は、積極的に南関東以外の競馬場にも転厩し、愛馬が輝ける道を模索します。

大手クラブ並の情報提供を目指します

当クラブでは、一口馬主からステップアップして地方馬主を始めたという方が一口と同じ感覚で楽しめるよう、大手オーナーズクラブと同じレベルの情報発信を目指します。

過半数に出資すれば命名も可能!

馬名は冠名は使用せず出資者から案を募り、投票権を口数に応じて付与し、投票で多数決で決めます。つまり過半数の口数に出資すれば、自分で命名する事も可能です。
※個人的な由来の馬名は命名出来ません。

北海道リーディング・田中淳司厩舎デビュー予定馬募集中!!

北海道リーディング・田中淳司厩舎2020年度デビュー馬3頭の共有馬主を募集しています。【全馬入厩済】
「テーマソングの2018」
牝、父シニスターミニスター
「サトノバーキンの2018」
牡、父エスポワールシチー
「フォレスタレガーロの2018」
牡、父サウスヴィグラス